So-net無料ブログ作成

霊眼、知恵、愛 [絵画作品紹介]

月の照る夜だった。だが、天気はこれから崩れそうな予兆があった。

子どもたちは今日からまた学校へ出かけて行った。サキちゃんは今日から最上級生である6年生、サトくんは最下級生ではない2年生となった。ずっといままで学校中で一番小さな男の子だったサトくんよりも、もっと小さな1年生は入学してきただろうか?明日サトくんに聞いてみたい。ちいさな山里のちいさな小学校では、全校生徒あわせても、普通の1学年分くらいしかいない。でも優しく性質の良い子ばかりが集まって、毎日を過ごしている。タツオくんも同じ学校で子供時代を過ごし、今ある基本的な人格を培った。そんな環境の中で、この二人の姉弟はのびのびと、そして健やかに育っている。どこの星へ行っても、子供というのは美しい。腐敗がここまで進んだ世界のただ中にあって、なぜかくも美しくいられるのだろうか…。

026.JPG
▲ハート

美しさは最高度のエネルギーでもある。そして自体莫大な情報だ。人は美を通じて実に多くを学ぶ。それは多くの場合言葉ではない。情報は、イコール言語というわけではない。あらゆる存在物のなかに情報はある。心を開いて、観察してみてほしい。植物や、動物、星空、建物、道、石ころ、風の音、すべてにあなたの目から隠された情報が刻まれている。それを看破するのが霊眼、読み解く力が知恵、実践することを愛と呼ぶ。

人気ブログランキングへ
nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

nice! 6

コメント 2

かぴー

子どもは変わらないのならば、時代がすすむにつれて、社会に適応するのが難しくなってきますよね。進んだ分の文明を高速に吸収しなくては、生きていけませんから・・・。私は美しいと感じる時、言葉は消え、興奮と酔狂な感覚だけがそこにあります。美的な感覚は、私にとって新星爆発のように、とても原始的です。
by かぴー (2009-04-09 06:25) 

peach

★かぴーさん。そうですね。そして良い絵には必ずプリミティヴな要素が含まれています。ピカソ、クレー、フンデルトワッサー、デビュッフェ、ポロック、ペンク、シュナーベル、挙げればきりがありません。
by peach (2009-04-12 01:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。