So-net無料ブログ作成

春の椿事 [写真]

穏やかであたたかい日だ。タツオ君は宇宙科学研究所でのんきにアイスクリームを食べている。

普段は一日に決まった人が数人しか通らないような、タツオ君の家の裏の道を、今日は朝から二千人をこえるかと思われる人たちが歩いた。実はこの道は数年前から、鉄道会社が年一回開催するハイキング大会のコースになっているのだ。だから、この日だけ、小さな山里の人口がどっと膨れ上がる。高齢者がそのほとんどだが、中には小学生くらいの子もついてきている。2~3時間ほどもかけて行列が通過してしまうと、またもとの静けさがもどってきて、まさに春の椿事であったと思わされるのだ。

DSCF1477.JPG

手入れも行き届かない、雑然とした庭の片隅に、タツオ君のお母さんが好きだった水仙の花が、今年も咲いた。僕はタツオ君のお母さんには会ったことはない。僕が地球に来る一年前に亡くなったのだ。そしてタツオ君も両親の話は一切しない。だが、タツオ君が水仙の花を眺めるとき、僕の額の裏のスクリーンに、とても優しそうなひとりの女性が映るので、それとわかるだけだ。

地球では親子の絆は、兄弟よりも強い。いずれ説明することにもなろうが、僕らの星ではその逆だ。というのも何から生まれたかということはあまり問題ではないからだ。生命の誕生の仕組みそのものが、地球と僕らの星では異なるとだけ言っておこう。

人気ブログランキングへ

nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。