So-net無料ブログ作成

暗黒の二年間 40 [音楽]

「ご主人はお仕事はお忙しいのですか?先程徹夜とかおっしゃってましたが…」
「そうですね、あのときはとても忙しくて…副業のイラスト原稿を上げたばかりでした」
「お勤め以外にそんなこともなさってるんですか?」
「ええ」
「イラストって、本か何かに?」
「ええ。本の表紙ですね、挿絵なども」
「それは随分と多才なのですね」
「いや、ただの成り行きですが…」
「いや、びっくりしました。それで…それのせいで徹夜までしていたわけですね…。疲れませんでしたか?」
「ええ、疲れていると言えばいつも疲れてましたが、ちょうど家内が言ったその記憶をなくした日というのが、その徹夜の直後だったんです」
「なるほど…幻覚や幻聴などはありませんか?」
「ああ、それでしたら何と言うか…昔から色んなものを見ます。変に聞こえるでしょうけど…」
「幽霊みたいな?」
「はい。それはしょっちゅうですね」
「どんな幽霊ですか?」
「女の幽霊が多いです、最近になるまで顔を見ることはなかったんですが」
「それはどんな状態で見ますか?」
「寝入りばなですね。眠ると目が覚める、部屋の中が良く見えているのに、でも身体が動かない、それで自分の上に何かがのしかかってくるんです。苦しいんだけど動けない」
「顔が見えないんですか?」
「ええ、最近までは。でもあまり頻繁なので、顔を見てやろうと思って、よく見たら女のひとでしたね」
「それは知っている人ですか?」
「知らない人でした」
「いつも同じ人なんですか?」
「顔や背格好は変わるのですが、僕には同じ人だとわかるのです」
「どうして同じ人だと?」
「なんででしょうね、もしかすると自分で作り出している像だからなのかもしれないですね」
「夢ではないですか?」
「精密な夢かもしれません、何せ寝室が完璧に再現されていますから。僕は目が覚めているとしか思えないのですが、幽霊がいるということは、やはり夢で、僕が寝室と寝ている自分を完璧に再構築しているだけなのかもしれません。」
「金縛りは、身体が眠っていて、頭が起きている状態で起こると言われています。身体が動くようになると、幽霊は消えますか?」
「消えます」
「おそらく金縛りだと思いますね。そういう状態で幽霊を見たと言う人は沢山いるのです」
「そうですか。なら安心しました」
タツオ君は自分のコンタクティーとしての能力にだけは触れなかった。とうてい常人が信じられる範疇を超えているからだ。しかし僕はこうして現実にやって来たのだし、決してタツオ君の幻覚などではなかったのだが…。しかし今のこの状態はどうだ?幽霊とさして変わらないじゃないか?
そう思ったとたん、なんだか悲しくなってきた。



その後、医師はかなり長い時間周到な調子で質問を続けた。飲酒、喫煙、最近強い薬を使っていないか、両親に虐待されたことはないか、だれかと死別していないか、最近家などの大きな買い物をしなかったか?別の人間になりたいと思ったことはないか?などなどだ。
僕らの答えはイエスもあり、ノーもあった。

nice!(24)  コメント(6) 
共通テーマ:音楽

nice! 24

コメント 6

カリメロ

Led Zeppelinの曲が合っています!!
by カリメロ (2011-09-10 18:57) 

haku

タツオ君、この時ウォークインの事はどう思ってたんでしょうね?
しかし、Zeppelin やはりカッコいいですね♪
by haku (2011-09-10 20:29) 

peach

★カリメロさん、ありがとうございます。
そこを指摘してくれるととてもうれしいです!
何故ならこの曲はこのあたりの場面で使おうと、草稿を考えた時点から
ずっと考えていたからなんです。どうにかその思いが伝わったようですね。
by peach (2011-09-11 00:23) 

peach

★hakuさん、ありがとうございます。
さすがhakuさん!真面目に読んでいたら必ずそういう疑問が出てくるだろうと思っていました。タツオ君の心理状態についてあまり触れていませんからね。実は次回、次々回においてその辺の何故?に関するくだりが載りますので、納得のゆく筋書きかどうかはわかりませんが、ご覧ください。
この辺をプロの小説家なら伏線で描くのでしょうねえ。第二稿執筆時には是非とも修正したいところです。
by peach (2011-09-11 00:35) 

comomon

しょっちゅう幽霊を見るってすごいですねー。
コモ太郎 『この次は宇宙人かな。』
科学では解明されていない未知との遭遇、楽しみです☆
by comomon (2011-09-11 08:39) 

peach

★comomonさん、ありがとうございます。
幽霊は波調が合う人には見えちゃうんでしょうね~。
ピーチ 『一応ぼくも宇宙人だからね~』
当ブログでは物語の形式を利用して、未知へのアプローチを
行ってゆきます。読んで何かのひらめきを感じてくれると嬉しいです。
by peach (2011-09-11 10:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。